このページを編集する

青森、秋田、岩手、宮城、福島、栃木、茨城、千葉、神奈川、埼玉、東京での成人式の振袖選びはお任せください。|振袖すずのき

成人式の振袖選びはご来店予約が便利です。すずのきなら振袖選びが安心です。

 2020年1月  

SunMonTueWedThuFriSat
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

すずのき スタッフブログ

成人式が雨だったとしても万全に!おすすめ雨対策法【すずのき下妻店】

こんにちは。

茨城県筑西市、下妻市、坂東市、桜川市、八千代町、つくば市、古河市、結城市、常総市のご成人の振袖のお支度のお手伝いをさせていただいております、すずのき下妻店新入社員の小幡です。


年が明けていよいよ成人式本番が迫ってきましたね。
当日の準備の方は順調でしょうか。


皆様当日のお天気は確認しましたでしょうか。
良いお天気になるのが1番ですが、もしも急にが降ってしまった時の対策はなさっていますか?


あまりご存知で無い方もいらっしゃいますが着物や草履にとっては大敵です。
絹の着物に水が付いてしまうとシミになってしまったり、範囲が大きいとひどいときは生地が縮んでしまうこともあります。


会場近くまでは車などで行く事が出来る場合は安心ですが
どうしても雨の中歩いていかなくてはいけない場面もあることと思います。


そこで今回は雨が降ってしまった場合の足元の対策法をご紹介致します。

雨対策用の便利グッズを使う場合と使わない場合に分けてピックアップしてありますので
状況にあった方を参考にしてみてくださいね。

別の靴を履いていく

別の靴を履いて歩き、会場などで履き替えるという方法です。
履き替える手間と荷物が増えてしまうというデメリットはありますが、
草履、足袋が会場まで濡れなくてすむ方法です。
雨がひどい時にいいかもしれませんね。

ただし慣れない振袖姿で履き替えなくてはいけないというのが注意すべき点です。

便利グッズを使う

obata-ame0107-3.jpg
濡れた道を歩くと雨が降っていなかったとしても足袋のつま先が濡れてしまったりするものです。
替えの足袋を持っていくというのも一つの手段ですが、無くても足が濡れてしまうのを防ぐことが出来るグッズもあります。


草履カバー
obata-ame0107-3-2.jpg
草履自体をカバーしつつ足袋もカバーできるすぐれものです。
濡れた道を歩いても草履や足袋が濡れにくくなっています。
滑りにくいようになっているので安心して歩く事が出来ますね。

簡単に付けはずしが出来るので会場に着いたらはずす、というのも楽にできます。


足袋カバー
obata-ame0107-3-1.jpg
はっ水加工がされた足袋のことです。
足袋の上に履きます。

足袋の上に更に足袋カバーを重ねて履く事によって足袋が濡れたり、汚れたりする事を防げます。
会場に着いたら脱ぎましょう。はっ水加工がされているのでそのまま履いていると意外と蒸れます。

草履カバーと合わせて使うと足元が濡れる心配が更に軽減されますね。



その他便利グッズ

当日は寒いので寒さ対策として和装ストッキングを履くのもおすすめです。
式の後は荷物が増えることが多いのでエコバック風呂敷などコンパクトになるバックを持って行くと良いかもしれません。
obata-ame0107-1.jpg
こちらは、はっ水加工のされた風呂敷です。
水をはじくので雨が降ってしまった時にバックを包むのにも使えますし
荷物が増えた時に使うこともできる便利な風呂敷です。
一枚持っておくと安心かもしれませんね。


もし振袖が濡れてしまったりシミになってしまったりしたらお早めにお店までお持ちください。

他にも成人式前に相談してみたいこと、心配な事がありましたらお気軽にお電話、ご来店ください。


皆様の成人式が思い出に残る素敵なものになる事を願っています。



ご来店の際は事前にご予約いただけますとお待たせすることなくご案内が出来ます。


ウェブからのご来店予約はこちらから




お電話でのお問い合わせも承っております。



皆様のご来店を心よりお待ちしております。

タグ: 成人式  雨対策  草履