このページを編集する

青森、秋田、岩手、宮城、福島、栃木、茨城、千葉、神奈川、埼玉、東京での成人式の振袖選びはお任せください。|振袖すずのき

成人式の振袖選びはご来店予約が便利です。すずのきなら振袖選びが安心です。

 2018年9月  

SunMonTueWedThuFriSat
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30

すずのき スタッフブログ

2018年秋のお手入れ相談会を開催しました!!

『お手入れ相談会』とは、すずのきがお取引きさせていただいている悉皆業者さん(染めやお直しを専門とされている方々)と、我々すずのきスタッフがタッグを組んでお客様に第3のご提案をさせていただく貴重なイベントです。

 

主にタンスレスキューでお預かりしたお着物、持ち込みで点検依頼を承っていたお着物を拝見させていただき、専門クリーニングやお直しのご提案をさせていただきます。

 

今回は119点~24点の点検とお直しの見積もり依頼のお客様が3件、その他、留袖、振袖、黒紋付などの礼装系のお着物に関するご依頼のお客様が多数お見えになりました。

 

ここではそのうちの数例をピックアップしてご紹介します。

 

 

①「多分、最後に着たのは数年前なのだけれども、茶色いシミが出てきていたんです…」

AF4F5BDD-6EEC-439C-8D5E-9D51B37E548D.jpeg

近くご親戚の結婚式を控えているRさんは、以前購入した寿光織の色留袖を久しぶりにタンスから引っ張り出したそうです。

 

するとびっくり!!

右衿から肩山にかけてと、右の内袖に茶色いシミが!!綺麗な淡いグリーンの生地が悲しいことになっていました。

よく思い返してみると、着物を着て小さなお子さんを抱っこした記憶があると言います。

 

「仕舞う時は気にならなかったのに

 

これが着物の怖いところ!!

着た直後には、皮脂や汗の汚れはなかなか肉眼で確認することができません。

しかし、1度着用したお着物の衿や袖口などには、想像を超える量のシミのタネが付着しているのです!!

 FD20A237-CE1A-4B2F-B1A5-388E632666BF.jpeg

とにかく、また着られるようにするには、目立つ部分のシミをできるだけとらなければなりません。

 

そこで悉皆屋さんが提案したのは、1度、シミの部分の脱色をして、また地の色をそこにさしていくという方法。

通常の洗いでは歯が立たない汚れも、その方法ならなんとか目立たなくできるとのことでした。

 

しかし、やはり100%元どおりというわけにはいかないようで

今回はできる限り綺麗に直すことに加えて、撥水ガード加工〝すこやかガード加工〟を施すことで今後の汚れの付着具合を軽減することにしました。

 

直したお着物が戻ってきて着用したら、またシミになってしまわないように、すぐ生き洗いとシミ抜きをして〝きものキーパー〟へ仕舞うことをお勧めしました。

 

どこまで綺麗に直って帰ってくるのか、納品日まで気になる毎日です

 

 

②「タンスの中のもの、全部キレイにしたいんです!!」 

お次はタンスレスキュー(※1)にて大量のお着物を土浦店へ搬送されたSさん。

 

「家にある着物が、もう手をつけられないので助けて欲しい!!」

との依頼を受けて、当店切っての大ベテランの木村がレスキューに伺いました。

 

すると、素敵な辻が花の訪問着や、煌びやかな丸帯、可愛らしい小紋など、しまったままにしておくにはもったいないものばかりが出てきました。

 

「あら!いいものばかりじゃないの!もったいないから悉皆の先生にとにかく診てもらいましょう!!」

 

木村の提案で、それら全てを点検・診断することになりました。

 

11点丁寧に点検した結果、19点中8点を洗い張りにすることになりました。

洗い張りとは、1度着物や帯などの仕立てを解いて洗っていく方法です。最近多くご依頼を頂く生き洗いよりも、しっかり洗うことが出来る他、改めてお仕立てをするので、縫い糸は新しく強いものになり、寸法も現在の寸法や譲ってあげる人に合わせることが可能です。

 

そして、その洗い張りをした反物たちの中でもひときわトキメキを感じるリメイク提案が!!

 

それは、2着の小紋から1着の羽織を作ろう!!というもの。

カンタンに説明すると、表地に1着の小紋を、裏地(羽裏)に、もう1着の小紋を使うご提案です。

初めは各々に羽裏を新しく付ける予定でしたが、木村の長年の経験と知恵がインスピレーションを呼び、このような提案が誕生しました!!

 

この他、銘仙の反物に今風の色合わせで八掛を付けて袷に仕立てたり、さらにそれに新たな帯を合わせてみたりと、さまざまなプランを練りました。

 

当然お持ちいただいた全てをリメイクはしませんでしたが、ご提案はさせていただき、保留になってものに関しても将来のビジョンを持っていただくことが出来ました。

 

これからお直し&リメイクするお着物たちが、どんな素敵な姿になって戻ってくるのかが、楽しみで仕方がありません!!

 

 

以上が今回のお手入れ相談会で印象に残った2件のお客様の事例でした。お手入れ相談会は、お客様にも、販売スタッフにも、悉皆屋さんにも新たな気づきと楽しみが生まれる素晴らしいイベントです。

 

お近くにお住まいの方で、この記事を読んで「私の着物そういえばどうなっているんだろう??」と思った方はぜひご相談ください。点検・お見積もりは無料です。

 

次回のお手入れ相談会は、年明け2019118日(金)~20日(日)の3日間です。

 

 

後日、ママ振りの部として振袖にまつわる悉皆エピソードもご紹介したいと思いますので、お楽しみに!!






※1…タンスレスキューとは